楽器ができると趣味も広がる!仲間を作ろう

バンドが組める音楽教室

楽器を習う、というと、以前なら先生とマンツーマンでバイオリンやピアノを弾かされる、というイメージでした。実際に子ども時代にバイオリンやピアノを習わされ、あの妙な緊張感がいやで楽器や音楽全般が嫌いになってしまった、という人も多いかもしれません。最近の音楽教室はそれだと生徒が集まらないので、最初からセッションをしたりバンドを組んだりできるところもあります。もちろんある程度の技術がある人前提ですが、マンツーマンより格段に楽しめます。

発表の場もあるとベター

ジャズピアノや管楽器などを習える音楽教室では、ジャズのビッグバンドを組めるようなところもあります。セッションするだけでも最初は楽しいですが、できれば発表の機会があるような音楽教室がおすすめです。大規模な音楽教室ならホールなどを借りて成果を発表するライブやコンサートを行なう所もあります。目的もなくだらだら演奏しているよりは、「今度のライブのためにがんばろう」という気持ちになるので、練習も楽しくできます。

仲間が増えることが最大の魅力

音楽教室で趣味のあう音楽仲間ができるというのが最大のメリットでしょう。同じ教室で見ていれば実力も分かりますし、プレイスタイルも分かります。もし趣味で別にバンドを組むときに役立つでしょう。仲間同士が紹介し合ったりすれば、より人脈も広がります。バンドは組まないまでも音楽のライブやイベントにでかけて楽しみを共有することもできます。「楽器を習いたい」「音楽仲間が欲しい」というときは、教室に通うのが近道です。

サックスフォーンの略称です。金属製の木管楽器に分類され、一般に真鍮で作られます。マウスピースから開口部に向けて太くなり、横から見ると英語のJ文字型の独特な形状です。